有限会社ゴード
日本語変換バナー
英語変換バナー
サイトマップバナー

試験走行データ

試験走行データ

走行データ表は、下記の計算式により算出しました。

計算式A(通常の計算)

1. 燃費km/L=走行距離km÷給油量L
2. 燃費向上率%=取付後燃費km/L÷取付前燃費km/L×100
3. 燃料の削減量L=未装着想定燃料使用量L-取付後給油量L
 未装着想定使用燃料L=取付後走行距離km÷取付前燃費km/L
4. 燃料の削減費円=燃料の削減量L×燃料の単価円/L
5. 使用可能期間月=30,000~36,000km÷1ヶ月の走行距離

悪路走行・レースなどに使用時は、上記使用可能期間は保証されません。
1年間を通して見ますと燃費は天候および走行状況(道路状況)によりかなり変化します。
取得データにより下記の計算法をお勧めします。

計算式B(季節間の燃費の変化に対応)

春・夏・秋・冬の季節間、気温・雨・雪・風などの自然条件およびタイヤなどの条件により燃費が変化します。
地域により燃費が変わります。(南国と北国)

現在のお客様データは、関東甲信越(新潟県)、東北(宮城県)にお住まいのデータです。
弊社で取得したデ-タによる(OILPOWERⅡ搭載車、未搭載車両方のデータによる)

※燃費の良い時期は、4月中旬~5月と9月中旬~10月中旬でした。
※燃費の悪い時期は、7月中旬~8月と12月~2月(雪など)でした。
※良い時期と悪い時期の差が約8%~15%ほどありました。
※エアコン使用時は、排気量の小さい車両ほど燃費が悪化します。

燃費の悪化期間(悪い時期に向かい取付けた場合)

1. 季節による燃費悪化率8%とした場合
 想定燃費km/L=取付前燃費km/L×(1-0.08)
 想定使用燃料L=走行距離km÷想定燃費km/L
2. 季節による燃費悪化率15%とした場合も上記の計算にて算出します。
3. 削減費は、計算式Aで算出します。
 燃費の良くなる期間(良い時期に向かい取付けた場合)
4. 季節による燃費が良くなる率8%とした場合
 想定燃費km/L=取付前燃費km/L×(1+0.08)
 想定使用燃料L=走行距離km÷想定燃費km/L
5. 季節による燃費が良くなる率15%とした場合も上記の計算にて算出します。
6. 削減費は、計算式Aで算出します。

お客様のお住まいの地域により燃費率は変わります

現在、甲信越・東北地域のデータのみです。
他地域についてはデータを取得次第、随時掲載させて戴きます。

Return to Top ▲Return to Top ▲