有限会社ゴード
日本語変換バナー
英語変換バナー
サイトマップバナー

開発の歴史

オイルパワーの開発は、弊社創立前より開発を開始し、10年以上になります。
最初は、産業用加熱炉の燃料パイプの途中に磁石と遠赤外線セラミックスを内蔵した製品から
開発し、北海道の石油ストーブ用灯油の燃焼効率向上などの製品を販売する。
自動車の燃焼空気活性化を7年前より研究開発を続けています。

燃料用オイルパワー

燃料用オイルパワー
燃料用:加熱炉・内燃機関など燃料パイプに取り付ける。
内部素材:磁石・遠赤外線セラミックス
外装:SUS304

矢印

オイルパワーゴムシート OIL POWER Ⅰ

オイルパワーゴムシート
燃焼空気用:加熱炉・内燃機関
エアークリーナボックスに貼り付ける。
マイナスイオンパウダーをゴム材に練りこんだ製品

矢印

OIL POWER Ⅱ

OIL POWER Ⅱ
燃焼空気用:加熱炉・内燃機関
エアークリーナボックスに取り付ける。
球形オイルパワーセラミクス
外装ケース:SUS304パンチング材・薄板
OIL POWER Ⅱ
大型車・普通車
オプション追加用オイルパワーⅡ
各種エアークリーナボックスに合わせて
組み合わせて取り付けます。
排気量も合わせる。
【普通自動車 取付け例】
OIL POWER Ⅱ
車種:トヨタ ナディア SU 4WD
排気量:2000cc
オイルパワー型式:オイルパワーⅡ タイプL 1個
【頸城自動車様 高速バス取付け例】
OIL POWER Ⅱ
車種:ISUZU GALA
排気量:13000cc
オイルパワー型式:オイルパワーⅡ+オイルパワーⅠ

矢印

オイルパワー コーティングタイプ

オイルパワー コーティングタイプ
燃焼空気用:加熱炉・内燃機関
エアークリーナボックスの外気側に塗布する。
マイナスイオンパウダー・水性塗料
開発初期より開発を継続してきました。
第一世代から第三世代まで開発
【頸城自動車様 高速バス取付け例】
オイルパワー コーティングタイプ
エアークリーナボックス外気側にコーティング
オイルパワーⅢコーティングタイプ
メンテナンス:1回/年再コーティング
オイルパワー コーティングタイプ
コーティング技術は経験が必要であり、
現地作業のためコストが掛かりすぎてユーザー様の負担が大きくなり、
オイルパワーを広めるには対策を考える必要がありました。
燃焼効率向上は、1年の採用期間で効果確認されました。

矢印

オイルパワーⅢ コーティングシートタイプ

オイルパワーⅢ コーティングシートタイプ
取り付けを簡素化したコーティングシートを考案しました。
(実用新案特許 登録第3149152号)
エアークリーナボックスの形状に合わせて取り付けられる。
柔軟性があり、寸法を合わせてカットして取り付けられる。
取り付けが簡単である。
【頸城自動車様 取付け例 平成21年度~現在】
オイルパワーⅢ コーティングシートタイプ
車種:ISUZU GALA
排気量:13000cc
オイルパワー型式:タイプL(CSL) 6枚
脱落防止リング 2本
リング留め金具 8本
【河内酒店様 取付け例 平成21年度~現在】
オイルパワーⅢ コーティングシートタイプ
車種:トヨタ プロボックス
排気量:1500cc
オイルパワー型式:タイプL(CSL) 1枚
カットして取り付け
Return to Top ▲Return to Top ▲