有限会社ゴード
日本語変換バナー
英語変換バナー
サイトマップバナー

取付け方法

【オイルパワーⅢ】の取り付けは、車両メーカー・車種・年式によりエアークリーナーボックスの位置・形状・構造などが異なります。ご注意ください。
下記の示す取り付け方法は一例であり、【オイルパワーⅢ】のお取り扱い説明書をお読みになってからお取り付けください。警告及び注意を守ってください。

※お取り付け方法に不明な点があれば購入先にお問い合わせいただくか、お客様の自動車整備工場にご相談して取り付けを行ってください。

普通車両:2000cc ガソリンエンジン車
オイルパワーⅢ シートタイプ L型 1枚使用

1
車両のボンネットを開けてエアークリーナーボックスの設置場所を確認してください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
2
エアークリーナーボックスのフタ留め金具位置を確認して留め金具(2~3箇所)を外し、フタを外します。
車両メーカーによりフタの留め方は多種多様です。
オイルパワーⅢの取り付け方法
3
エアークリーナーボックスの内部にエアーフィルターが見えます。
このボックスではフタ側がエンジン側になり、ボックス下部が外気側になります。
オイルパワーⅢの取り付け方法
4
エアークリーナーボックス内エアーフィルターを取り外すと外気取り入れ口が見えます。

※フタに接続されているホース(エンジン側)を外すと取り付け作業が容易になります。
※作業時にエンジン内にゴミや水等の異物が入らないように注意してください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
5
エアークリーナーボックス内外気側を掃除してきれいにしてください。
ホコリ、水等により両面テープの粘着力が弱くなり、オイルパワーⅢが剥がれやすくなります。
オイルパワーⅢの取り付け方法
6
オイルパワーⅢ(シート材)をエアークリーナーボックス内壁に合わせてハサミ・カッターなどでカットしてください。

※外気吸入口を塞がないように注意してください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
7
オイルパワーⅢ(シート材)の裏面に両面テープが貼ってありますので、両面テープの剥離紙を剥がしてください。
エアークリーナーボックス内壁(外気側)に合わせた位置に貼ってください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
8
エアークリーナーボックス内壁側面・底面(左図のように)にオイルパワーⅢ(シート材)を貼る位置に合わせて更にカットし、手でしっかりと押さえつけて貼ってください。

※エアーフィルターが取り付くよう側面は、フィルター部分より下側に貼ってください。
※外気(燃焼用空気)の入り口を塞がないことと外気が容易に通過するように貼ってください。
※エアーフィルター面に直接貼らないでください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
9
取り付けが終了したら、キチンと貼り付けてあるかを確認をしてください。
エアーフィルターが取り付けられるか確認した後にエアーフィルターをボックスに取り付けてください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
10
エアークリーナーボックス上部フタを閉めてください。
留め金具を留めて終了です。

※フタに接続されたホース(エンジン側)を外した時は、フタにホースを取り付けてからフタを閉めてください。
※留め金具が留まりにくい時はエアーフィルターがキチンと取り付けられてないか、フタがキチンと閉められていない時です。
※シートタイプL型を使用する時は、シートが大きいので貼り方を決めてから寸法を合わせてカットして使用してください。
オイルパワーⅢの取り付け方法オイルパワーⅢの取り付け方法
※エアークリーナーボックスのエンジン側内壁には絶対に取り付けないでください。
故障の原因になります。

大型車両:13000cc ディーゼルエンジン車
オイルパワーⅢ シートタイプ L型 6~7枚使用

1
車両のボンネットを開けてエアークリーナーボックスの設置場所を確認してください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
2
エアークリーナーボックスのフタ留め金具位置を確認して留め金具(2~3箇所)を外し、フタを外します。
車両メーカーによりフタの留め方は多種多様です。
オイルパワーⅢの取り付け方法
3
エアークリーナーボックスの内部にエアーフィルターが見えます。
このボックスでは正面がエンジン側になり、ボックス内部左側が外気側になります。
オイルパワーⅢの取り付け方法
4
エアークリーナーボックス内エアーフィルターを取り外すとボックス内部左側側面に外気取り入れ口、ボックス正面にエンジン側への燃焼用空気取り入れ口が見えます。

※作業時にエンジン内にゴミや水等の異物が入らないように注意してください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
5
エアークリーナーボックス内外気側を掃除してきれいにしてください。
ホコリ、水等により両面テープの粘着力が弱くなり、オイルパワーⅢが剥がれやすくなります。
オイルパワーⅢの取り付け方法
6
オイルパワーⅢ L型の裏面に添付された両面テープを帯状に貼り付けてください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
7
オイルパワーⅢ L型 裏面に貼り付けた各両面テープの剥離紙を剥がし、エアークリーナーボックスの内壁面に貼ってください。

※貼る時に押さえリング留め金具を取り付けるスペースを空けてください。
※オイルパワーⅢを貼る時に外気(燃焼用空気)の入口エンジン側の空気取入口を塞がない事と燃焼用空気が容易に通過するように注意して貼ってください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
8
貼り付けたオイルパワーⅢの空けた場所に脱落防止リング留め金具を貼り付けてください。
脱落防止リングは、3箇所の留め金具で留めます。(1本)2~3本を取付けられる様にします。
オイルパワーⅢの取り付け方法
9
脱落防止リングをボックス径に合わせて調整してください。
リングは、SUS製バネ材です。
留め金具に脱落防止リングをフック内に入れて広げて固定します。
バネ力でリングが固定された事を確認してから、留め金具フックを指などで押して閉じてください。
リングが動かないか確認してください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
10
取付けが終了したらキチンと貼付けてあるか、脱落防止リングが固定されているかを確認をしてください。
オイルパワーⅢの取り付け方法
11
エアーフィルターがボックスに取付けられるか確認した後にエアーフィルターをボックスに取付けてください。

※エアーフィルター表面には、オイルパワーⅢを貼らないでください。故障原因になります。
オイルパワーⅢの取り付け方法
12
エアークリーナーボックスのフタを閉めてください。
留め金具を留めて終了です。

※留め金具が留まりにくい時はエアーフィルターがキチンと取付けられてないか、フタがキチンと閉められていない時です。
オイルパワーⅢの取り付け方法
※大型トラック・大型トレーラーのエアークリーナーボックス位置は運転席の下部にあります。
左の写真は大型トレーラーの運転席部を跳ね上げた所です。
オイルパワーⅢの取り付け方法
※エアークリーナーボックスのエンジン側内壁には絶対に取り付けないでください。
故障の原因になります。
Return to Top ▲Return to Top ▲